このページの目次を開く

実際の体験談をご紹介

予定外の出張で必要な費用を調達することができた。(男性/40代)

男性/40代

仕事が忙しくなり始めると、出張する機会も増えます。

私は出張自体は嫌いではなく、地元にはない料理を食べたり、期間によっては
ちょっとした観光もできたりと仕事をしながら旅行もできると前向きに受け取っていました。

ですが、出張の際に発生する出費全てが経費で落とせるわけではなく、
ある程度の食事代などは自腹で支払うしかありません。

そういったこともあり、日頃から生活費とは別に出張用のお金も用意していました。

ある日、人事関係で他の人が行く予定だった出張に代わりに行くことになってしまい、それも給料日前の月末前でしたから全く余裕がなく、どうにか出張中に必要なお金を用意できないかと悩んでいた所で、カードローンに行き着きました。

手続きは簡単でしたし、借入額も少なかったため簡単に審査に通ることができました。

返済も2ヶ月で早期返済することで、ほとんど利子をつけずに支払うことができました

借りたお金で出張中の食事やちょっとした観光を楽しみつつ、これからは不意の出張に対応できるように余裕を持っておこうと考え、
短い返済期間を終えて数ヶ月に一度の出張を楽しんでいます。

今回は借入額が少なかったので返済額も少なく済みましたが、
今になって考えるとクレジットカードでキャッシングするのとどちらが良かったのか悩む所です。

人気の即日カードローンのランキングはこちら

パート働きでも問題なく利用できました。(女性/50代)

女性/50代

パート働きで年収が少なく、かつ50代という年齢でも問題なくカードローンを利用することができました。

生活費が足りず、知人に借りるには少々大きすぎる額でしたので、
どうにかお金を用意できないかと1人調べていた所、カードローンを利用しようと思いました。

当初申し込む際は自身がパート働きであることや、女性向けサービスと記載されてはいたものの内心では若い世代向けだと思い込んでいたため、審査に落ちてしまうのではないかと不安でいっぱいでした。

ですが、そんな不安もあっさり審査が通ったことでどこかへ消えてしまいました。

オペレーターの方は女性で、かつ丁寧な対応だったということを覚えています。

女性向けとあるだけあって、後々調べてみると女性特有の理由を伝えやすくするために
女性オペレーターだけで対応しているのだとか。

ともあれ、無事に限度額の10万円を借りることができました。

本来はもう少し少なくても良かったのですが、万が一のため限度額いっぱいまで借り、
必要な分を使ったら余った額をそのまま返済に当てることにしました。

金欠生活中に訪れた友人の結婚式の招待状(女性/20代)

女性/20代

当時私は地元から離れて都会へ上京したてで、毎月生活費を用意するだけで精一杯の生活を送っていました。

最低限に会社の同僚や先輩に付き合う程度の余裕しかなく、
節制を心がけて無駄な出費を極力抑えてようやく生活できる状態。

そんな状態の私の元へ、ある日友人が結婚するという連絡が届き、数日後に結婚式への招待状も送られてきました。

地元で仲の良かった友人だったこともあり、どうにか祝ってあげたいのですが、どう頑張っても地元へ帰って戻ってくるだけの費用しか用意できず、とてもご祝儀を用意できるような余裕はありませんでした。

そこで、お金を用意するためにカードローンの利用を思いつき、銀行カードローンと消費者金融カードローンについて調べたところ、
借入額が少ない場合は消費者金融の方が良いという情報を目にしたので、消費者金融カードローンを利用することにしました。

審査も無事に通り、必要額を計算して借り入れをしました。

そして、無事にご祝儀を用意することができました

カードローンで用意したことは隠していたのですが、なぜか無理に祝儀を用意したということが友人にバレてしまい、
半ば押し切られる形で返済の手伝いをしてもらいました。

人気の即日カードローンをランキング

数あるカードローンの中でも、融資スピードが早くて口コミ評価の高い会社のみを厳選してランキング比較しました。

なお、三菱東京UFJ銀行とオリックス銀行は総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でも借入可能です。

  1. プロミス

    30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要、顧客対応が良い

  2. モビット

    10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

  3. 三菱東京UFJ銀行

    低金利で最短30分審査、口座開設不要でATM手数料無料、毎月の最低返済額は2000円から

  4. オリックス銀行

    限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

よくある質問

お金をすぐに用意したい場合、どのような手段がありますか?

基本的にお金をすぐに用意するということは融資してもらうという形になります。

手続きから借り入れまでの早さを考慮した場合「キャッシング・消費者金融カードローン・銀行カードローン」の順番になります。
借り入れが可能な額の大きさは「銀行カードローン>消費者金融カードローン>キャッシング」です。

借り入れの難易度は「既にキャッシング機能付きクレジットカードを所有している場合」であればキャッシングの方が簡単ですが、キャッシング機能付きクレジットカードを所有していない場合は、消費者金融カードローンへの登録・申請の方が手軽です

借り入れる際の限度額はそれぞれいくらまでですか?

キャッシングの場合は「キャッシング枠」というものがあり、
これはクレジットカード自体のご利用可能額の一部としてカウントされています。

最低10万円辺りからキャッシングからの返済実績によって限度額が増額していく仕組みで、
厳密な最高限度額は特にありませんが、普通に利用する限りでは大体30万円程度までは容易に増加させることができます。

消費者金融カードローンの場合は総量規制という制度の対象となり、借入可能な限度額は年収の3分の1までとなります。

それに対し、銀行カードローンは総量規制対象外であるため、
申し込むだけであれば年収の3分の1以上の限度額で申し込むことが可能です。

ただし返済できると銀行側が信じてくれない限り申請が通ることはありませんので、
消費者金融カードローンよりも多めに借りることができるという程度
です。

借り入れる際にキャッシングとカードローンに違いはありますか?

キャッシングは原則として一度借りた場合、例え限度額に余裕があったとしても借りている分を返済しない限り再利用はできません。

一度借りた後にさらに借りる、ということができないということです。

分割払いであるリボルビング払いが可能になったサービスもいくつかありますが、
こちらも原則として一括払いが基本のサービスが多く、借り入れた額と利子分を翌月に支払う必要があります。

対してカードローンは分割払いが基本であり、限度額に余裕があればさらに追加して借入が可能です。

一括払いが基本のキャッシングの方が金利が高く設定されているため、
早期返済できる場合はカードローンの方が安く済む場合があります。

消費者金融カードローンと銀行カードローンの違いは何ですか?

消費者金融カードローンは文字通り消費者金融によって発行されるカードローンサービスであり、
審査が通りやすく即日融資可能なサービスが多いということが特徴です。

ただし、金利が高く設定されているため、長期間に多額の借り入れを行うということには向いていません。

銀行カードローンは各種銀行から発行されるカードローンサービスです。

銀行融資よりマシですが、消費者金融カードローンよりも厳しい審査基準のため、
安定した収入と信用度が無ければ審査落ちしてしまうことがあります。

借入限度額が消費者金融カードローンよりも高く、また金利も低いため長期間に多額の借り入れを行うことに向いています。

ただし、消費者金融カードローンにある無利息期間が存在しないため、短期間の利用には向いていません。

まとめると「消費者金融カードローン」は「短期間で即時にお金を用意する」ことに向いており
「銀行カードローン」は「時間をかけて返済する」ことに向いているという違いがあります。

カードローンを申し込む際には、どのような手続きが必要ですか?

カードローンへの申し込みは大まかに5種類に分類され、提供する銀行や消費者金融会社によって対応している方法が異なります。

実際に利用する際には、どれを用いることができるのかを事前に調べて起きましょう。

カードローン申込方法は「インターネット申込み」「郵送申し込み」「電話申し込み」
「自動契約機」「店頭契約」が存在します。それぞれ解説していきます。

「インターネット申込み」とは何ですか?

公式サイトなどを通じて申し込む方法です。

こちらもいくつかの違いはありますが、共通するのは「手間がかからない」ということです。
ネット上で申し込むため、自宅でパソコンや携帯電話を用いて簡単に申し込むことができます。

基本的に審査結果などはメールや電話などで通知されます。

最近はほとんどのサービスがネット申し込みに対応しているため、
ネット環境が使える状況であればこの方法が最も手っ取り早い
でしょう。

「郵送申し込み」とは何ですか?

銀行のATM付近に置かれている「郵送申し込みセット」というものを利用し、申請用紙に情報を記入して郵送する申込方法です。

また、インターネット申込みと郵送申し込みが1つになっているものもあり、
こちらはインターネット上で申込用紙をダウンロードする形になります

「電話申し込み」とは何ですか?

申込専用ダイヤルで直接申込を行う方法です。

口頭で情報を伝えなければならないため時間や手間がかかります。
特別この手段を選択する理由はありません。

また、他の方法で申込を行う際におって電話で確認をするという場合があります。

男性オペレーターには言いにくい申請理由であれば、
女性オペレーターが担当している女性向けサービスなどを利用する手もあります。

「自動契約機」とは何ですか?

貸金業者の看板が掲げられているATMであれば、対応した消費者金融カードローンを申し込むことが可能です。

ただし、本人確認書類が必要となりますので、利用の際は運転免許証などの身分証明ができるものを用意しておきましょう。
時間帯にもよりますが、申請が通ったあとそのままお金を引き下ろすことができるというメリットがあります。

デメリットは対応していない消費者金融カードローンや銀行カードローンへの申請ができないということです。

「店頭契約」とは何ですか?

消費者金融カードローン、あるいは銀行カードローンを取り扱う銀行本店や店頭に直接来店して申請する方法です。

詳しい説明を受けながら契約することができるので、信頼性はあります。
ただし、直接店へ向かう手間と必要書類がない場合は再度来店する必要があるなどのデメリットがあります。

審査結果はいつ、どのようにして確認できますか?

審査結果は登録したメールアドレスへメールが送られる、あるいは電話で連絡が届きます。

店頭・自動契約機での申請の場合はその場で結果が出ます。基本的に銀行カードローンの場合は1時間程度です。
消費者金融カードローンでは30分から1時間以内となっています。

また、審査は「返済能力について」を基準としているため、
申込内容においてこの基準を満たす内容をしっかり明記していると、審査時間が短くなります。

申込内容が不明瞭あるいは情報不足だった場合は時間がかかったり、
直接確認のための問い合わせが行われることがあります

即日融資を受け取るために必要なものは何ですか?

まず第一として、即日融資が可能であるかどうかを確認しましょう。

銀行カードローンも即日融資対応を始めたサービスが増えてきていますが、
専門のATMや銀行に立ち寄る必要があるなど、即日融資の利便性は消費者金融カードローンに劣ります。

次に確認するのは時間帯です。

審査にかかる時間も踏まえて、10時から15時以内が即日融資を受けることが可能な時間帯と考えましょう。

申込する時間帯によっては、申請が通っても即日融資が不可能であるとされる場合があるため、
できるだけ早くに行うに越したことはないでしょう。

だからといって、営業時間外の早朝に申し込んでも、審査結果が遅れるだけですので注意しましょう。

返済にはどういった方法がありますか?

基本的に返済は口座から振り込む形となります。

それぞれの銀行口座や返済用口座からの自動引落や対応したATMでの返済や、窓口から返済することもできます。
カードローンは分割払いですが、用意できるのであれば一括で支払うことができます。

早期返済であれば利子がその分減るので、総返済額が少なく済みます。

特に金利が数%程度の銀行カードローンであれば、ほとんど借りたままの金額で支払いを終えることができます。

最大18%金利の消費者金融カードローンも、内容によってはキャッシングよりも安く済む場合もあります。

また、長期返済を行う際に返済不可能に陥った場合、返済状況について連絡し、
利子分を支払うことでその月の返済催促が行われないようにすることもできます

ただし、あくまで返済を先送りにしただけなので総返済額は利子分増えてしまいます。

どうしても今月は支払えないという時に行いましょう。

返済方法はそれぞれ1つしか利用できないのでしょうか?

カードローンの種類によります。

決められた方法でしか返済できないカードローンもあれば、複数ある返済方法から1つ選ぶカードローンもあります。

また、複数の返済方法に対応しているカードローンであれば、自動引落で月々に必要な返済額を支払いつつ、
余裕がある時に直接ATMなどを用いて追加返済を行うということも可能です。

カードローンを利用するにあたり、注意すべき点はありますか?

まず最初に「悪徳業者に注意する」ことです。

金融業界には少なくない数の悪徳業者が存在していますので、
金利が低いから一見お得だからと珍しいサービスを利用するのは控えましょう。

次に、利用する際には「しっかりとした返済計画をたてておく」ということを忘れないようにしましょう。

毎月その場その場で返済のためのお金を用意するというのは、
破滅に繋がる人に多く見受けられる共通パターンの1つです

しっかりとどれだけ借りて、そのお金を毎月どのように返すかという計画を練っておきましょう。

そして、カードローンを利用して破滅してしまう方に見受けられるパターンの1つとして、
「お金を借りているという自覚が希薄になる」というものがあります。

キャッシングの場合は一度借りて、翌月に支払うというクレジットカードそのものの使い方のため、こういったパターンは比較的少ないのですが。

カードローンの場合は返済が長期に渡る上、限度額以内なら追加で借りることもできるため、
利用を続ける内に単純にお金を引き出しているような感覚に陥りやすい
という特徴があるのです。

そういった感覚の麻痺が原因で、よりお金を引き出そうと多重債務者が生まれてしまうということ例がいくつもあるため、
カードローンをご利用の際はしっかりと金銭感覚を維持するようにしましょう。

悪徳業者にはどのような特徴がありますか?

悪徳業者に共通する事項として、「不自然なほどに借りやすい」というのがあります。

いくら借りやすくても消費者金融カードローンでも審査を経て、
返済能力が無ければ審査落ちするというのが当たり前となっています。

逆に、借りやすい消費者金融カードローンの審査に落ちるということは、
「返済できないんだからお金は借りるな」という忠告にもなります。

当然、悪徳業者はその借りたくても借りられないという悩みを餌にしています。

ですから、あまりにスカスカな審査や、一見すると相手側に一切得のないような契約内容には注意しましょう。

また、悪徳業者が返済の際に持ちかける「クレジットカードの現金化」ですが、
こちらも違法行為である上に普通に利用料金が請求されます
ので、騙されないようにしましょう。

このページの先頭へ