葬儀費用のため、消費者金融で借入をしました。(女性/20代)

女性/20代

私は東京都内の電機メーカーに勤務している27歳の女性です。

大学卒業と同時に北海道から上京し、同じ会社で約5年働いています。

先日、体調を崩していた祖母が亡くなった時、往復の飛行機代だけで精一杯だった私に
母が「お葬式代が出せないから助けて。」とSOSを出してきたのでした。

結婚の際に貯金を使い果たしていたので、香典を含めて40万円のお金を今すぐ用意するのは無理だと思いました。

でも、困った母を何とか助けたいと思い、夫にも相談したのですが、出てきたヘソクリは10万円でした。

「とりあえず、銀行に電話してみるよ。」という夫の言葉に愛を感じながらも、
すかさず私も「近所の無人契約機に行ってみる。」と返していました。

自分の祖母なので、夫に借金をさせるわけにはいきません。

そして、無人契約機に行ってみたところ、「最短即日融資」と書かれたプロミスの看板を見つけました。

怖い人が出てきたらどうしようと思いながら契約機のボタンを押したのですが、
スピーカー越しの優しい女性の声にホッとした気持ちになりました。

案内に沿って申し込むこと1時間、審査通過の知らせを受けた時は「これで母を助けられる!」と安心しました。

緊急の際にも消費者金融のカードローンなら、即日でお金を借りることができるのだと実感しました。
なお、夏のボーナスが近い時期だったので1ヶ月以内に全額返済したのですが、利息は借りた日数分だけで済みました。

人気の即日カードローンはこちら